訪問入浴 看護師

看護実習が辛くても

辞めたい、投げ出したい、と思わない人はいないと思います。
実習が大変なのは看護師の宿命かと思います。
逆に言うと、辞めたいと思うのはあなただけではない訳です。

 

私のいた看護学校では、1クラスに1人は以前他の看護学校に在籍していた生徒がいました。
たまたまかもしれませんが、彼女らは以前の看護学校で3年生の2学期までは通っていたのです。
もうほとんど実習も終わっている時じゃないですか。
何故?と私も訊いたのですが、その時はもう辞めるしかない位気持ちが追い込まれていたそうなんですよね。

 

学生のうちは自分が本当に看護師に向いているかどうかの判断は出来ないと思います。
所詮、と言ってしまうと聞こえは悪いですが、実習とは言えども
色々な人にサポートされながら患者さんへのケアをしている訳で。
それでも、実習中にあれこれ言われたり怒られたりして
日々自信を喪失する中で「こんな私が看護師としてやれる訳がない」と怖くなってしまうんです。

 

実習では看護師さん同士の遣り取りも垣間見る訳ですが、
新人の看護師さんが先輩ナースに怒られている様子を見て
こんなに辛い実習を乗り越えても、先にはきつい新人時代が待っているんだ、と
絶望してしまうこともあります。
自己防衛かもしれませんが、看護自体、私の行く道じゃなかったんだ、と思い込んでしまうんですよね。

 

後は学生間や看護学校の先生との人間関係の問題もあります。
前述の他校を中退してきた同級生達は、実習中の学生同士の人間トラブルで辞めていました。
皆自分のことに一生懸命になるのはしょうがないことですが、
その中で蹴落とし合いのようになってしまったようです。
実習チームは協力し合わないといけないんですが。

 

私はもう免許があるから人事に聞こえるかもしれませんが、
やはり勿体ないです、辞めてしまうのは。
資格を取ってもすぐ看護師にならなくてもいいのです。
学校も辞めずに休学でもいいのです。
少し休んでみて、今辞めてしまって後で後悔しないか
ゆっくり休んでから、もう一度考えて欲しいです。
少なくとも、私の周りで中退した人達は今でも後悔している人ばかりでしたよ。